やっぱりテニプリが一番!!もはやネタだけどオススメです。

prince of tennis

テニプリが一番好きなんですよ。

[amazonjs asin=”4088728157″ locale=”JP” title=”テニスの王子様 (1) (ジャンプ・コミックス)”]

ぼくはマンガが大好きで、沖縄旅行に行った時もそのほとんどをマンガに費やしたほどです。(観光しろよ。)

 

で、メジャーなマンガは大体読んでます。ナルト、ワンピース、ブリーチなどなど・・。

でも、ぶっちゃけていうと、ぼくは「テニスの王子様」がいまだに一番すきなんですw(ちなみに「テニプリ」は「Prince of tennis」の略です。)

 

ぼくは中学はテニス部に入っていたのですが、入部はテニプリが影響してるんですよw

それくらいのテニプリラバーです。

 

舞台は青春学園中等部テニス部。青春学園はテニスの名門校です。

 

主人公の越前リョーマが、その名門校で仲間と切磋琢磨し、全国No.1を目指すお話です。

ぼくはアニメの面白さは「キャラ立ち」と「ストーリー構成」で決まると考えているのですが、テニプリは圧倒的に前者のレベルが高いです。

最高峰です、ってか日本一ですね。日本のマンガレベルが世界1位だとすると、テニプリのキャラ立ちは世界一ということになります笑

 

そのかわり、ストーリー構成はかなり雑というか、あまり重視されていないようです。普通のテニスにはありえないようなプレーがたくさんでてきます。

リョーマは1巻の時点でロブをバウンドさせずにコートに落とすことができます。

テニス部部長の手塚は、自分のもとに全てのボールを手繰り寄せる「手塚ゾーン」という技を持ってます。

全国の常連である「立海大付属」部長の幸村は、「相手の五感を奪う」ことができますww

 

もう、ネタと言われても反論できないレベルなんですねえ。その「ネタ加減」が、回を増すごとにグレードアップしてるんです。

 

でも、それでいいんです。もともとテニプリの面白さは「キャラ立ち」にあって「ストーリー構成」にはないんですから。

現在、正規の「テニスの王子様」は終了し、新しく「新テニスの王子様」の連載がはじまっています。

 

もう、「テニス」とはいえない感じになってますが、とにかくキャラ立ちが素晴らしいのでおすすめです。

[amazonjs asin=”4088747240″ locale=”JP” title=”新テニスの王子様 1 (ジャンプコミックス)”]

 

読んだことない人は通常の「テニスの王子様」から読んでみてはいかがでしょうか。

[amazonjs asin=”4088728157″ locale=”JP” title=”テニスの王子様 (1) (ジャンプ・コミックス)”]