ジュンク堂が防犯カメラでデータ撮ってた。もうkindleに移行するかな。

面白い記事がありました。

ジュンク堂書店が防犯カメラで来店者の顔認証データを撮っていることについて

 

著者の方によると、ジュンク堂は2014年の6月から防犯カメラで客の画像を取得し、万引き常習犯の画像と照合しているのだとか。

 

いやーまじか、知らんかったなw

ぼくは一時期ジュンク堂の超ヘビーユーザーでして、それはもう週4日くらいの勢いでジュンク堂行ってました。

 

ジュンク堂って楽しいんですよ。青と緑のモチーフが落ち着いた感じ醸し出してて、大好きです。

池袋とか渋谷とか至高ですよ、もう。

 

いやでも、そうやって個人データを内密にとられてたんだね。

 

んー、まあぶっちゃけそんな気にならんけど、正直もう「書店に行く目的」が薄れてきてるんです、自分の中で。

 

一つは「情報収集」です。

書店には、今流行りの本が店頭に並んでいます。それらを見るのはめちゃくちゃ面白いですよ。日本人のニーズがどういうものなのか、なんとなく把握できますから。

 

例えば、『嫌われる勇気』が売れてる理由は、日本人が「やりたいことがあっても、嫌われたくない」心情を持っていることの証拠になります。

 

「できる男シリーズ」が売れるのも、日本人の中には「できる人になりたい人」がいるからです。

 

こうやって流行りを分析するための情報を手に入れるために、ぼくは書店に行きます。

 

二つ目は、108円コーナーでまとめ買いするため。

 

bookoffの108円コーナーにはよく行きます。なぜなら安いからw kindleをしのぎますw

 

108円とは言いつつも、一人の著者が真剣に書いた本ばかりですから、コスパがよすぎるんですよww これはみんなチェックすべきですねえ。

 

3つ目は「超大切にしたい本を買う」ためですかね。

 

ぼくはもうほぼkindleなんですけど、大事な本はなぜか「紙の本」で読みたいのです。

なんでなんすかねえ。

 

なんか、ボロボロになっていくのが見ていて楽しいんですよ。「これはだいぶ読み込んだな!」みたいなw

 

 

んー。。。これくらいかな。もう正直、書店に行くモチベーションってあまりありません。

新刊は大体kindleの方が安いですし。紙はかさばるし、重いし。

 

 

結局ジュンク堂の話とはそれちゃいましたけど、ぼくはもう、書店に行くことはあまりないかと思います。

 

いつの時代も、新しいものは古いものを駆逐します。フイヤンはジロンドに駆逐され、ジロンドはジャコバンに駆逐され。歴史でみてもそうなんですから、今もきっとそう。

 

書店の需要は今後も少なくなっていくでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。