FBでの記事読み込みのスピードが10倍になる!?

FBユーザーには嬉しいですね〜!
Facebook、記事の読込みが10倍速くなる「インスタント記事」を日本でも–「悲しいね」ボタンなども追加

記事の読み込みが10倍になる「Instant Articles」を日本でも導入するのだとか。これは素晴らしいですね。

ドコモやAUなど大手のLTE回線はめちゃくちゃ速いんですけど、最近の格安SIM使ってると、ネットが遅い時があるんですよ。

FBの情報収集だけでも、スピードが上がるのはありがたい話ですね。

Instant Articlesは、2015年5月に米国で提供が開始された機能で、通常の外部リンクの記事と比べて10倍以上速く読み込める。これにより地下鉄など電波が弱いエリアでも、従来よりストレスなく記事を読めるようになる。該当する記事には「稲妻」のマークが付く。ー本文より抜粋

 日本では当初、朝日新聞、産経デジタル、東洋経済、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞が参画する。提供時期については未定としているが、各社のコンテンツが用意できたタイミングになりそうだ。ー本文より抜粋

しかも朝日や日経の記事が見られるのは美味しいですね!

記事内容でもう一つ重要なの、は「感情表現のバリエーションが増える」という内容です。
 

同日には、新機能「リアクション」の提供を、1月14日から順次開始することも発表された。友人の投稿について「いいね!」以外の感情表現ができるもので、「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」が追加された。モバイルでは「いいね!」ボタンを長押し、PCではマウスオーバーすることでボタンが表示されるという。ー記事より抜粋

 

けれどももう一つの「感情表現」のバリエーションを増やす施策はちょっとな、と思ってしまいます。もちろん「いいね」だけだと不便な時もあります。悲しい記事に共感したい時、「いいね」はナンセンスですからねぇ・・・。

けれどもFBの良さって、「無駄なものをそぎ落としてる」ところにあると思うんです。シンプルに良いコンテンツを使えるから多くのユーザーを獲得できたと感じているのです。

増やすならせめて1つくらいにしてほしいですね。