楽しいことと、辛いこと。どっちもやると好きなことが浮き彫りになる。

Mac 459196 1920

楽しいこと、辛いことを体験すると、好きなことが見えてきます。

これは結構ガチです。

どんな環境であれ、自分の「好きなこと」と「やるべきこと(嫌いなことでも)」をやることで、より一層、自分の好きなことが鮮明に見えてきます。

ぼくの場合はインターンでした。

インターンをすると、正直楽しくない仕事もたくさんやることになります。

インドでのリサーチはかなりしんどかったのを今でも覚えていますw 一つのリサーチ結果を出すのに1ヶ月近くかかったりしましたw ぶっちゃけ全く楽しくなかったです。

けれども、まだ好きなことがはっきりしてないうちは、まず目の前のことにコミットしてみるのが良いと確信しています。

大事なのは目の前のものへのコミット。今をちゃんと過ごすと、やりたいことが見えて来る。

未来を簡単に変えることは不可能だと思っています。ぼくたちが変えられるのは、

「今の過ごし方」

この一点につきますね。

元ライブドア社長の堀江貴文さんは、「今を真剣に生きよ」というメッセージを残しています。堀江さんの近畿大学のスピーチはもはや伝説級ですね。

堀江貴文さんの近畿大卒業式スピーチ 全文書き起こし

ぼくはインドでインターンをしていた時、正直楽しくない仕事の方が多かったのが事実です。ぶっちゃけなんどもやめたくなりました。

けれども嫌いなことを含め、全部引き受けて最後までやりました。

そういう行動を通じて、「本当に好きなこと」が見えてきたんです。

それが「文章を通して自己表現すること」でした。

リサーチだったり、クライアントを現地でご案内したり。そういったことは魅力的には思えなかったんですけど、唯一「メール対応」、「webコンテンツの充実」、「広告記事の執筆」など「書く仕事」がたのしかったのです。

だから今でもブログを続けています。とにかく「好き」なのです。

やりたいことがハッキリしてない人は、なんでもいいから自分を追い込んでみよう。

やりたいことがハッキリしてない人は、とりあえず「自分を追い込む」のがオススメです。

正直やりたいことって考えても出てきません。実際に行動に移して始めて気がつくことの方が圧倒的に多いです。

終わりに

というわけで、まとめますと
・好き嫌い関係なくいろんなことをちゃんとやる。
・その中で、自分の好きなことが浮き彫りになる。
・浮き彫りになったらそこに注力

といった感じです。

考えて考えて「自分とは何か?」と問うのはぶっちゃけ時間の無駄です。

それよりも「実際に体験してみる」ことで始めて見えてくる世界があります。

っちゅうわけで、考えるんじゃなくて、まずなんでもいいから自分を追い込んでみましょー、というお話でした!