はじめての徹夜勉強を終えて。→徹夜はしない方がよい。

昨日はじめて徹夜で勉強をしました。

言語学の勉強を直前まで放っておいたからです。

徹夜でやって間に合うか?という感じでしたが、見事に間に合わず単位を落としました。

あと3つ落としたら留年。やべーぜw

でですね。

徹夜はしない方がよほどいい

です。

絶対しない方がいい。

本格的に「夜型」で、夜中の方が冴え渡るわ!という人は話が別です。

ここでは一般的な方を対象としています。

徹夜って、全然頭入んないんすよ。

徹夜だと、夜の12時〜朝方まで6時間以上時間があります。

「めっちゃできるぅ!!」

と思う方が多いと思います。ぼくもそうでした。

しかし、ですね。この6時間あまりの時間、かなり密度薄いです。

まったく記憶できないんですよ。

もちろん少しは頭に入るんですが、効率の面で、昼間に圧倒的に劣ります。

イケダハヤトさんは睡眠に関する記事を書いてるんですが、
「睡眠時間を減らしたい」と語る人は、仕事ができない。

その中で、睡眠時間は削れないという発言をされています。

「成果を出すために睡眠時間を減らす」という発想は、間違っているんです。なんだろう、それは「健康になりたいから、ジャンクフードを食べまくる」「節約したいから、ギャンブルに通う」みたいな矛盾があります。身体が自然に求める睡眠を削ると、確実に後で祟りますよ。ー記事より

わかりやすい例えですね〜。もっと過激なのもあります。

あえて厳しくいえば、「睡眠時間を減らしたい」と考える人は、その時点で無能だということです。自分のパフォーマンスを把握・管理できていないわけですから。その前に、仕事のやり方を見直してください。
ー記事より

堀江貴文さんも1日6時間以上は必ず寝るとおっしゃってます。

ぼくも身を持って体感しました。

徹夜の効率は悪すぎる!

パフォーマンスを最高にあげるために、まずは睡眠をしっかりとること。これは前提ですね。で、時間がないんだったら諦めましょうw

というわけで、昼間の今のうちにガチ勉してきま〜す!