STEVES byうめ、松永肇一 ー二人のSteve Jobsの有様がわかる良マンガ!

またおもろいマンガを見つけましたよ。

その名も 『STEVES』。

[amazonjs asin=”B00Q4DMPOQ” locale=”JP” title=”スティーブズ(1) (ビッグコミックス)”]

Mac、iPod、iPhone、iPad…世界を変え、世界を作った企業・アップルコンピュータ。今から約30年以上前、その中心にいたスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックは、まだ無名だった。二人の武器は圧倒的な向上心と探究心、そして遊び心。向かうところ敵だらけ、障害だらけの1970年代のシリコンバレーを舞台とした二人の革命に浸れ…熱狂せよ…!!ーamazon 内容紹介より

このマンガはApple社を創設した二人の「STEVE」のお話です。

Apple社の軌跡から二人の生き様まで学べるよう構成されていますね。いやあ面白い。

片方のSteve Jobsを知らない人はいないでしょう。しかしもう一人のウォズニアックを知ってる人はそんなに多くないのではないでしょうか?

このマンガではジョブズだけじゃなくてウォズニアックにもしっかり焦点が当たってますよ。ぼく、このウォズニアックが大好きです。

ちなみにこのマンガの第1巻ではウォズニアックが名言を放ってます。早速引用してみましょう。

世界を変えるには、2つのことをしないといけないダよ。ひとつは正しいことをする,
だれもがいいと思ってくれるものを作るダ。それはオラがやってる。もうひとつ大事なことがあるダ!世界はいつも正しいとは限らないダ。そんなときに正しいことをしても受け入れられないダよ。だからものごとを……世界を正しくする。そんなことができる人間は、限られているダ。人から見たらバカバカしいことに真剣に向きあって、本気で世界を変える気持ちを持っていないといけないダよ。それがスティーブ……スティーブ・ジョブズという男なんダな。

ウォズの鋭い洞察眼が目立ついいシーンですね。多くの人が自分を世界に合わせてゆく中で、革命家はこのようにあらねばならない。二人は偉大なプログラマー・ビジネスマンのみならず本物のアーティストだったんですね。自分が世界の見方を変えるという志・気概。そういったものがうかがえるシーンです。

このように、単なるAppleや人物の背景だけでなく、二人の哲学を学ぶこともできるマンガとなっています。気になるかたはぜひ読んでみてください。

[amazonjs asin=”B00Q4DMPOQ” locale=”JP” title=”スティーブズ(1) (ビッグコミックス)”]