作家の収支 by森博嗣ー人気作家が自分の収支を大公開。その儲けに驚愕。

作家・森博嗣さんの『作家の収支』。

[amazonjs asin=”4344984021″ locale=”JP” title=”作家の収支 (幻冬舎新書)”]

1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である―総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。ー「BOOK」データベースより

「まじか」、というくらいに儲けてます。

これすごいのが、この本は売れている「作家」がどれだけ稼いでいるのかを淡々と解説してるんですよ。印税とか、講演料とか、著作権使用料とか、そりゃもう赤裸々に。

売れっ子作家が自分の「金銭事情」を公開する新書なんて、他にないんじゃないでしょうかね?

さらに面白いのは、著者である森さんの経歴。自身は小説家なのにもかかわらず、小説をほとんど読まないのだとか。

ただ、僕自身は、自分が特異な作家かどうかよくわからない。何故なら、僕以外の小説家のことをあまりよく知らないからだ。僕は小説を読む趣味がない。ー本文より。

なんでも、バイト感覚で書いた作品が売れてしまい、あっさり作家になってしまったのだそうです。すごい。

この本で具体的に述べられていることは、まず「原稿料」や「印税」など、作家の収入源としてイメージしやすい部分。文章がいくらで売れるのか、それを時給換算したらいくらなのか、印税はどれくらい入るのか、など。

森さんは1時間に6000字ほど文字を打つそうなのですが、ぼくが一番びっくりしたのがその時給換算について述べられたもの。

6000文字というのは、原稿用紙にして約20枚なので、1枚5000円の原稿料だと、この執筆労働は、時給10万円になる。ー本文より。

時給10万円って。

このように、人によっては「自慢」と受け取れるような「事実」を淡々と書き綴っているのがこの本の魅力です。

きになる方、ぜひ一度読んでみてください。ほかにも講演料、インタビューや取材の報酬、ラジオやテレビ番組の出演料など、成功した森さんだからこそ語れる貴重な情報がてんこ盛り。

クリエイターは必読の書といえそうですね!!

[amazonjs asin=”4344984021″ locale=”JP” title=”作家の収支 (幻冬舎新書)”]






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。