ワット・プラケオータイ・バンコク最大の名所!その規模に思わずため息。

Bangkok

タイ・バンコク最大の名所といえば「ワット・プラケオ」です。

観光のメインであり行きたい場所だったので行ってきました!

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.05

▲違う記事でご紹介した「王宮前広場」から見えますね。

(*関連:王宮前広場〜地母神像ータイ・バンコクをのんびり散歩しながら名所を見物!

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.18

▲メインスポットなだけあって、人がたくさん。

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.24

▲人混みもなんのその。とっつげきー!!

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.29

▲ところが、半ズボンがNGとのことだったので、着替え室に移動。ただで長ズボンを貸してくれます。

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.34

 

▲だ、ださいwwwww

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.40

▲チケットを買う前に、プラケオの建物の姿がちょっぴり見えた。

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.58

▲波にのってしばらく行くと、チケット売り場があった。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.03

▲購入完了。一人当たり500バーツ(約1500円)。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.10

▲パンフもおいてあります。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.15

▲日本語のもあるよ。

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.54

▲ここが入り口。チケット売り場のすぐ左。早速はいってみよう。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.21

▲でか!!!1番目立つ金の塔は、ラーマ4世がアユタヤーにある仏塔を模して作った、「プラ・シーラタナー・チェーディー」。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.31

▲写真左に見える塔は、ワット・プラケオ建設と同時に作られた最古の塔、「プラ・モンドップ」。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.16

▲こちらはアンコール・ワットの模型。ラーマ4世がその作りに感動し、作らせたのだとか。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.45

 

▲こちらは王室専門の御堂。名前は「プラーサート・プラ・テープビドーン」。

仏塔が天に向かってのびている。仏塔の先端にはヒンドゥーの神「シバ神」の象徴が飾られている。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.56

▲歌や踊りが得意な、インドの『ラーマーヤナ』に登場する聖鳥「キンナラ」。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.50

 

▲こちらは『ラーマーヤナ』に出てくる「猿神」と「悪魔」が交互に飾られています。

この塔はラーマ1世が両親のために作ったもので、猿神と悪魔はその台座を支えている。

 

▲あつい。タオルもってくればよかった・・・。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.24

▲少し歩くと見えるのが、ワットプラケオの「本堂」。中には幻想的な仏像が鎮座している。(仏像は撮影不可・・・。)

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.28

▲寺院に付随する回廊には絵が書かれている。

この絵を順番にたどれば、タイ版のラーマーヤナである『ラーマキエン』の流れをつかめます。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.38

▲上の写真は、ラーマ1世の王子が建てた「プラ・モンティアンタム堂」で,境内の北側に位置している。

ここは仏教図書館で、中には仏教の経典が納められている。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.46

▲上の写真はナークという、雨を降らせる力があるとされる神が祀られている「プラ・ウィハーン・ヨート」。

中国製のタイルで装飾された美しい建物だ。同じく境内の北側に位置している。

まとめ

ひとことでいうと、きてよかった。ぶっちゃけ最初は「チケット買わずに帰ろう」とも思っていた笑

暑いし、人は多いし、高いし・・・。しかし盛りだくさんの内容で、入った途端のめりこんでしまった。

さすがバンコクのメインスポット。タイに来たらぜひ訪れるのをおすすめします!!

ワット・プラケオ 観光情報

営業時間:8:30am-3:30pm

料金:500バーツ(約1500円)

アクセス:N9ター・チャーン船着場から徒歩3分

注意点:NGな服装→ノースリーブ、タンクトップ、短パン、半ズボン、キュロットスカート、ミニスカート、タイツ。

タイの旅行記事、もう一ついかがですか?

「王宮」は、タイ・バンコクの観光名所のひとつ。ぜひ訪れたいと思ったので、行ってきました!ここはアクセスもいいんですよ。というのも、ここはバンコクの観光名所の...
タイ・バンコクには名所スポットが多い。けれどもお金を払って体験する名物は、「体験しなきゃ!」とちょっぴり気が張ってしまう。しかし、今回ご紹介する観光スポット...
タイのニューハーフショーに行ってきました!バンコクは性に寛容な国なので、ゲイの人ものびのびしている印象を受けますね。ニューハーフショーもその一環でしょう。&nb...
タイのバンコクは、ネットが遅いんで、高速WIFIが使えるところを早めに抑えておく必要があります。タイのwifiくっそ遅いんだが、これで4Gを名乗るって何事(´・ω・`)!...
バンコクのホテルには様々なグレードがあります。ぼくの場合1日の宿泊費は「2000円以内」という目安を決めていたので、かなり格安物件を探すことになります。その結果、...
タイ・バンコクで「コスパ最強」の宿をご紹介します!このブログを見ていただいてる方の中には「なるべく安くタイ旅行したい!」と思ってる方もいますよね。この記事は...
タイ旅行1日目は、どこに泊まるか全く決めていませんでした。結局カオサン通りの近くに目立つ看板があったのでそこに決めました。そうしたら、そこが想像以上によかっ...
タイの名物料理の一つに「カレー」があります。カレーの本場はインドですが、タイにも「タイ風カレー」なるものがあります。そのタイ風カレーを食べたい時にオススメの...
タイ名物の「トムヤムクン」。名前は何度も聞いたことがあるけど、実際まともに食べたことがなかった。そこで今回の旅行では、トムヤムクンの名店に行ってきた!場所は...
タイ名物「カイ(ガイ)・ヤーン」を食べてきました。この料理は簡単に言うと「タイ版の焼き鳥」ですね。タイの東北部の郷土料理です。  今ではそのカイヤー...
タイ・バンコクでは「地球の歩き方」に乗ってるような、有名店がたくさんあります。ですが、逆に「知る人ぞ知る」お店もあるんですよね。今日はそんなお店を紹介します...
タイ・バンコクでは様々な食事を楽しめます。日本食もガンガン進出してますし、西洋風レストランもありますし、中華料理も食べられます。そんな中、タイの「家庭の味」...
タイ・バンコクでぶらぶらしてました。すると突然、「伊藤家」という看板が見えて大興奮。同じ姓を授かってることもあり、ランサーズの仕事終わりにいってきました。&nb...
タイ名物「カイ(ガイ)・ヤーン」を食べてきました。この料理は簡単に言うと「タイ版の焼き鳥」ですね。タイの東北部の郷土料理です。  今ではそのカイヤー...
旅行でタイに来ています。今日は、タイでの朝食におすすめの「COURT YARD RESTAURANT」をご紹介します!COURT YARD RESTAURANT場所は首都バンコクの人気スポット「カオ...
タイの昼ごはん。今日は船着場に近い、「アクアティーニ」という場所に行ってきましたよ〜〜!場所は「プラ・アーティット船着場」から徒歩ですぐ。バンコクで有名な「...