高齢化による、中国の墓地問題。毎年パリの3分の1の面積が必要!?

高齢化による中国の墓地問題が話題にあがってました。

尋常ではない中国の高齢化、毎年パリの3分の1の面積の墓地が必要に―フランス紙

この記事によると、まず、中国は「男女比の不均衡」,「高齢化のスピードが早い」ことによる人口の変化が、

「墓地」

の問題を引き起こすとしている。

 

 

男女比の不均衡と、ドイツや日本、韓国よりも高齢化のペースが早いことで、中国には「史上類を見ない状況」が訪れるのだという。ー記事より。

高齢者が毎年、相当数亡くなる中国では、

毎年「パリの1/3の面積」が必要になるのだとか。めっちゃおおくね、これ。

こうした人口の変化で問題になるのが墓地だ。中国の国土面積は世界第3位だが、人口減少が始まると、毎年パリ市の面積の3分の1にあたる30平方キロメートルあまりの墓地が必要となり、墓地不足が課題になる。ー記事より。

こういう流れを予見して、一人っ子政策を廃止したんでしょうね。

しかし、廃止したところで高齢化の解決にはほど遠いという。

中国政府は昨年、一人っ子政策の完全廃止を決めたが、記事はこれだけでは高齢化の解決にはほど遠いと指摘している。ー記事より。

んー、とはいえ中国の土地って広大だから、結構余裕はあると思う。

人口の減少も別に悪い現象じゃないと思うし・・・。

 

この方の言う通り、墓地の概念も今後薄れていくかもね。

死者もオンラインで保存・・・・とかいう時代もありうる。

ファーストペンギンはめっちゃ叩かれそうだけどね。

墓地ってなくてよくね?とか、口が裂けてもいえないもんなw

葬儀方法変えちゃう可能性もありますね。 普通にできちゃいそう。