県外へ引っ越しする時に必要な手続きまとめ

どうもー!ドロマスターです!!!

今日は県外へ引っ越しするときに必要な手続きを紹介します!!!

突然ですが、ぼくは2016/1まで渋谷のシェアハウスに住んでいました。

で、そこに893が住んでいたので怖くなって実家の愛知県に帰ったんです。

しかし、最近は東京の大学がスタートすることもあり、再度家を購入する必要に迫られたので、賃貸契約でアパートを借りました。

そこで必要になったのが「愛知→東京」に引っ越す際の手続き。

結構めんどいので、ここにまとめておきたいっす。

県外へ引っ越すひとがいれば、この記事を参考にしながら速攻でカタをつけましょう。

1 まず引っ越し前の都道府県で「転出届」をゲット。

まずは引っ越しをする前に、「転出届」をゲットしましょう。

最寄りの区役所に行けば手に入れることが可能です。

持ち物は、運転免許証など、自分の証明となるものをもっておけばOK。

区役所は混んでいるところがあるため、必ず暇つぶしを持って行きましょう。

引っ越し前の準備はこれで大丈夫。

2 引っ越し後14日以内に「転入届」を提出。

引っ越しが終わったら、なるべく早めに、少なくとも「14日以内」に転入届を提出しに行きましょう。

これも引っ越し先の近所の区役所にいけばOK。

転入届のときの持ち物は、「自分の証明となるもの+転出届」です。

これがないと手続きできない可能性が高いのでご注意ください。

14日以内ですと罰金を科される可能性があるので、必ず14日以内に。

(*今のとこ、過ぎても罰せられたことありません。)

3 「転居届」の提出をwebで行い、郵便を新住所へ。

最後は郵便。「転居届」と「転出届、転入届」は似て非なるものなのでご注意ください。

転居届は「郵便の送付先を決める」ために行います。

そしてこれはwebで気軽にできちゃうんですよ。

なのでさくっと終わらせてしまいましょう。

ちなみにこれは転出・転入届の手続きと前後して全く問題ありません。

まとめ!

とりあえず上記3つの手続きをすれば問題ないかと思います。

一応再度まとめておきましょうか。

・まず引っ越し前の都道府県で「転出届」をゲット。

・引っ越し後14日以内に転入届を提出。

・最後に「転居届」を出し、郵便を新住所へ。

当記事の内容を抑えれば、基本的に大丈夫。

その他必要に応じて「免許証更新」などを行いましょう。

こういう手続きは非常に面倒くさいので、このまとめ記事は役に立つかと。サクッと終わらせましょう。






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。