漫画『罪と罰』はズルズル惹き込まれる面白さ。全10巻で夜更かし注意です。

manga

落合尚之さんのマンガ『罪と罰』は夜読んじゃあかん!!笑

[amazonjs asin=”B009DBYWXI” locale=”JP” title=”罪と罰 : 1 (アクションコミックス)”]

“ひきこもり”と援交女子高生。ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。大学をドロップアウトし、自室にひきこもる裁 弥勒(たち・みろく)。女子高生リサとの出会いによって、恐ろしい「ある計画」に手を染めることに…!ーAmazon 内容紹介より

これは夜読んじゃダメです。ハマっちまいます。

全10巻あるんですけど、ぼくは1日で全て読み終えました。まじであっという間。天才的な世界観に圧倒されっぱなしでした。

この作品はロシアの文豪・ドストエフスキーの代表作『罪と罰』を現代版にリメイクしたマンガ。

テーマがめちゃくちゃ深くて、全てを把握するのは困難に近い。

けれどもなんていうか、「わからないからこそ面白い」という感じなんですよね。

最初「1巻だけ読もう…」と思って手を出したらそのまま、第10巻まで行ってましたw

殺人を計画した青年の葛藤、苦しみ、希望を克明に描き出しています。

人間には少なからず「闇」の部分があって、そこを拡大して表現してくれてる作品。

個人的にはかなり好きなジャンルε-(´∀`; )ε-(´∀`; )

そういうのが好きなヒトははまって夜が明けて後悔します・・・笑

太宰とか、シェークスピアとか、暗めの作品が好きなヒトは読むべし読むべし読むべし。

しかもその「闇」の描きかたがとにかく細かい。

ひだの細部に渡るまで描ききってる、という感じ。

極め付けは「最後がハッピーじゃない」ところ。

ネタバレになるんでいいませんが、そこがまたソソリますな。気になる方はポチッとどうぞ。

[amazonjs asin=”B009DBYWXI” locale=”JP” title=”罪と罰 : 1 (アクションコミックス)”]

全10巻で完結なんですけど、まとめ買いでも全然良さそう。

[amazonjs asin=”B0010M74A6″ locale=”JP” title=”罪と罰 (落合尚之) 全10巻完結セット (アクションコミックス) マーケットプレイスセット”]

「罪を背負って逃げる系」なら他にも『僕たちがやりました』も超おすすめ。『罪と罰』よりも日常生活にフォーカスがあてられてて読みやすい。

[amazonjs asin=”4063826635″ locale=”JP” title=”僕たちがやりました(1) (ヤンマガKCスペシャル)”]

最近のマンガのクオリティすごすぎ。

おすすめマンガのまとめもどうぞ。

【漫画 おすすめ】2016年上半期に読んだ至高のマンガ15選






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。