いつやるか? 今でしょ!  ー東進ハイスクールのトップ講師による独特の啓発本!

東進の林修先生の『いつやるか? 今でしょ! 』を読みました。結構前ですが。

[amazonjs asin=”4800226880″ locale=”JP” title=”いつやるか? 今でしょ! (宝島SUGOI文庫)”]

いやーこの本めっちゃおもろいんですよ。

多分500周くらい読んでます笑

発売日に名古屋駅の三省堂にいって、早速買って、貪るように読みました。

林先生といえば、今やテレビでも活躍中の売れっ子予備校講師。

ぼくは何度か授業も受けたこともあるんですが、とにかく「わかりやすい」印象でした。

「伝わる言葉」を選ぶのがめっちゃうまいんですよね!

そんな林先生の書いた本ですから、誰でもめちゃくちゃわかりやすい内容になっています。

ざっくり言うと、「楽しく生きている人の基本」を説く本。

この本の根底にあるのは、「人生を楽しく生きてる人の基本となる考え方」を解説する本です。

興味わきますよね。

内容を一つだけ紹介すると、それは「歩きながら考える習慣をつける」こと。

意外と自己啓発書に書かれていない内容。

「考えろ」とはよくいわれますが、林先生はそれに「歩きながら」を付け加えたのです。

これを試したところ、確かに座ってた時よりいろいろ頭に浮かぶんですよ。

林先生曰く、できる人間はみな、歩きながら考えているのだそうです。

そしてその時間を確保するために、「車の使用を止めてみる」という提案をしていますね。

見どころ→わかりやすい内容と、林先生の文章の巧さ。

先ほど紹介したように、林先生は根本的に重要な部分をわかりやすく説明してくれてます。

まぁそれだけで面白いんですが、特筆すべきは林先生の文章の巧さ。

先生はこれまで10万冊以上の本を読んできたという凄まじい読書歴をお持ちで、その経験をベースにした文章はうまいです。

具体的には、文末の表し方や、自分の主張に対する批判へのフォローなど。

文末に関して、「〜ですがねぇ」、「〜でしょうか?」など、柔らか〜い感じが好印象。

批判へのフォローに関して、「もちろん、◯◯という考えも否定はしません」など、自分の主張を押し付けまくらない感じがいいですね。

ぶっちゃけ、ぼくがブログ記事を書く時に真似させてもらってるのが、林先生の書き方なのです!笑

まとめ!

というわけで、林先生の『いつやるか? 今でしょ! 』の紹介でした!

林先生が思ったことではなく、「できる人はみんなこうだよ〜!」といった感じで攻めてくるので、めちゃくちゃ説得力があります。

「どうすれば伝わるか」を徹底的に研究し尽くした林先生だからこそ書ける、超面白い本となってますね!

興味ある方はぜひ!

[amazonjs asin=”4800226880″ locale=”JP” title=”いつやるか? 今でしょ! (宝島SUGOI文庫)”]