慰安婦問題ちょっとまとめた。ー『「歴史認識」とは何か』

history

前回は中公新書『「歴史認識」とは何か』の書評記事を書きました。

ただ正直、個人的に一番気になったのは「南京事件の事実関係はなぜ確定できないのか」という項目です(書評には書いてません。)

今日はその項目だけピックアップしてまとめましたので興味ある方は参考にしてください。

本書には以下のような記載があります。

中国政府は、死者が三十万人以上といっています。どれだけのエリアを「南京」と考えるのか、いつからいつの時期に起きたことを南京事件に含めるのか、また戦闘行動の結果とみるか、虐殺とみるか、虐殺の定義などによって、死者の数は変わってきますが、どれでも三十万という数字は実証史学上無理な数字でしょう。ただ、これは共産党独裁体制の不幸でもあるのですが、いったん党が三十万人といってしまうと、それを変えることはきわめて難しいし、学者もメディアもそれと違ったことはいえない。もっとも、民主主義の下にある日本政府でさえ、かつて自己が犯した過ちを認めることには強く抵抗しますので、これは国家・政府とう権力の性ともいえるかもしれない。ー本文より抜粋

このように、中国政府の「30万」という主張を退けています。とはいえ、

東京裁判は死者二十万人と認定していますが、これにも学問的には批判がある。日本の研究者のなかには約四万人という説(秦『南京事件』)もあり、これは国際的にもかなり評価されている説のようです。ただ、仮に四万人だったとしても、それが民間人の殺戮を含む、戦争法に違反する行為であったことは否定できないわけですから、その点ははっきりと認めなければならないー本文より抜粋。

「南京事件は嘘」という主張もたまにみかけることがありますが、どうやらそれも間違っているようですね。

日本の外務省も、「日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できない」とホームページに書いています。中国政府が犠牲者の数を過大に主張してきたことは冷静に批判すべきですが、南京で日本軍が虐殺行為を犯してしまったことそれ自体は認めるべきでしょう。ー本文より抜粋

外務省のホームページに書いてあるということなので、これはある程度正しいと思ってもいいかも。

つまりまとめると、南京大虐殺は確かに存在したが、その死者は約4万人(推定)程度。

しかし専門家でも人数を断定していないことを鑑みると、真実を突き止めること自体が難しいとも言えますね。。