集中力が足りない!という方には書籍『短時間で「完全集中」するメソッド』がおすすめ!

book

もっと集中力をつけたい。

そう思っているひとは多いかと思います。ぼくもそうです。

「もっと集中できる環境があれば!」「もっと集中力がある素質だったら!」と何回おもったことでしょうか。

そんな「集中」の悩みを抱えている方には、佐々木正悟さんの『短時間で「完全集中」するメソッド』がおすすめです。

集中の本で、ここまで細かくまとめられた本は初めてでした。

内容を紹介します。

短時間で集中するには?

この本では,短時間で集中できるためのメソッドが全5章に渡って書いてあります。

多くの啓発本で、集中力のことに触れている本はたくさんありますよね。

しかし、この本ほどあらゆる方法を網羅している本は多くないでしょう。

まず、第0章では「自分を変えるマインドセット」と題して、自分の心にアプローチしていきます。

個人的に一番刺さったところは「思い込みを捨てきる」という項目。

「自分には集中力なんてない」というのは、思い込みにすぎず、即座に捨てきることが肝心なのです。

確かにどんなに「頑張ろう」と思って初めて見ても、「どうせ自分なんか」という思いがよぎると途端に集中できなくなりますね。

このように心にアクセスした後、1~4章で具体的な方法が網羅されています。

それぞれの章タイトルは以下のとおり。

「すぐやる人の「1分」メソッド」

「頭を整理する「書く」メソッド」

「環境を整理する「消す」メソッド」

「心を整理する「休む」メソッド」

全て書くのは情報量が多すぎてできないので、ここでは一番自分に「刺さった」項目を紹介します。

それは、「孤独感が集中を妨げる」という項目。

「自分は将来孤独になりそうだ」という気持ちの中では、テストに集中するのが難しいー本文より

これにはめちゃくちゃ納得できました。ぼくの経験からもこれはガチ。

個人的な話なんですが、受験期って、孤独に打ち込もうとする人ほど失敗してる印象があるんですよね。

一方で周りと仲良く情報交換しあう受験生の方が、うまくいってました。

孤独にやろうとすると、どうしても「周りが敵」に見えて、変な怒りの感情が出てきて集中できなくなっちゃうんですよね。

それよりは周りとうまーく会話しながらの方が、障壁を乗り越えやすいのです。

上記は自分の体験ですが、みなさんにも似たような心あたりがありませんか?

終わりに

この本は集中力をつけたい人におすすめ。

集中力の本は世に溢れている中、ぼくは基本的にこの本1冊で十分すぎると感じましたo(`ω´ )o

個人的な話ですが、「没頭すること」はぼくの人生の最重要項目なので、興味津々で読みました。

より一層豊かな毎日を送るために、「集中すること」は超重要です。

その最高の集中力をつけるために、この本は最高におすすめ!