初心者がプログラミング学習を挫折しないで継続するためにおすすめな勉強法

programming

「プログラミング、ちょっと勉強したんだけど挫折しちゃってさ」

「プログラミングちょっとやって、自分には向いてないと思った」

こんな言葉を聞くことがあります。確かにプログラミングは初心者には難しいです。

というより、「とっつきにくい」というのが正確なところでしょうか。

英語だし、動かないし、基礎知識多すぎだし・・・。

プログラミング学習には様々な「挫折ポイント」があって、そこを乗り越える必要があります。

そこで!今回はプログラミング歴4ヶ月のぼくが、初心者でも「継続してプログラミングを学習できる」方法をご紹介します!!

勉強はしてるんだけど、イマイチやる気が・・・挫折しそう・・・という方におすすめ!

①まずは,「アウトプットするもの」を決める

まずは、作るものを決めましょう。

「俺はプログラミングを使ってwebサイトを作るんだ!」

というように、自分の欲望に沿ったゴールを設定するのが大切です。それがないと、とてもじゃないけど続きません。

とはいえ、「私には作りたいものないし・・・。」という方もいるかもしれません。

そういう方は、「コードを書く仕事orバイト」をしてみるのをおすすめします。

学生であれば、初心者歓迎の募集は多くあります。

学生でなくても「ランサーズ」などを使えば実は仕事はたくさんあるんですよ。

(*関連:在宅ワークで稼ぐならクラウドソーシングの「ランサーズ」。利用者がメリットなど語ります。

自分が作りたいものを作るorアウトプットが求められる環境にいく。これがまず大事です。

②その目標物に沿って、ネットを使って学習する。

①が終わったら、その目標物を作るために適宜ネットで勉強しましょう。

この時ポイントは「なるべく本を買わないこと」です。

本は様々な分野を網羅していて、一見「すごいもの」のように見えますが、「自分の作りたいもの」には全く役立たない情報も多く含まれています。

個人的には、分厚い本を読むと「まだこんなに学ぶ「べき」ことがあるのか・・・」と義務感にかられてしまいます。

今の時代、ある程度のことはネットでググれば出てきます。

作りたいものに沿った情報を「適宜検索」することで問題を解決し、欲望に沿って最短距離を爆走しましょう。

本は、本当にわからない時のみでokです。

終わりに

いかがてしたでしょうか?

なによりもまず「作るもの」を決める。出すものを決める。

そして、その目標に向かって適宜ネットで学習していくのがモチベーションを保つのに最適かと思います。

個人的に合う合わないはあると思うので、そこはご了承ください_φ( ̄ー ̄ )

 






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。