【おすすめ店舗!】ドトール日吉店が素晴らしい3つの理由

cafe

皆さん、カフェはお好きですか?

ぼくは超好きです。インドにいた時、ほぼ毎日スタバで作業していたぐらいです。カフェは、妙な開放感と寂しがりやを慰める包容力を兼ね備えています。

なので寂しがりやのぼくはカフェが大好きなのです。

世の中にはエクセルシオールやスターバックスなど、何種類もの喫茶店があり、さらにそれぞれの店舗数も半端じゃありません。

東京だけでも約8000店もあるんですよ。

ぼくは週8ペースでカフェに行きます。今日はそんなぼくがイチオシする

「ドトール日吉店舗」

を紹介します。

①ドトール日吉店ー開放感が◯ー

cafe

ここのドトールはまず開放感が素晴らしく良いです。

開放感を構成する要素は「色合い」と「圧迫感のなさ」だと考えています。

前者はドトール全体に言えることなんですが、木製のオレンジの色合いが何となく気分を軽くしてくれます。

後者に関してはドトールによってもバラつきがあり、それは立地条件や内部空間の奥行き、更に設備の位置関係によって決まります。結果開放的なカフェも、こじんまりとした隠れ家的カフェも生まれます。

ドトール日吉店舗は圧迫感が全くなく、開放的カフェの典型例です。

②安い!学生にもおすすめ。

cafeぼくはこのドトールに週10回くらい通った時期がありました。それくらい好きなんです。けれども別に金欠になることはありませんでした。

なぜならドトールは安いからです。コーヒであれば220円から飲めますし、お菓子のみであれば130円から食美味しく食べることができます。

③客層がよい。

このドトールは客層がめちゃめちゃ良いです。

このお店は某大学が近くにあるのですが、決して学生で賑わってうるさいということはなく、むしろ真面目に何かに取り組んでいる人が多い印象です。

結果、「自分も頑張らなきゃ!」という思いに駆られて非常にいい気分になります。素晴らしい開放感と相俟って作業がとてもはかどります。

終わりに

喫茶店は最高です。カフェが持つ適度な開放感と緊張感は、人の作業効率をグッと引き上げてくれます。ぼくみたいに意志の弱い、環境に頼らなければダラダラしちゃう人には特にオススメです。

興味があればぜひ一度「ドトール日吉店」を訪れてみてくださいね!