就活を始めて気づいた大切なこと

想像以上に就活が楽しい。

ESを書くのは得意じゃないけど、人と会うのは最高に楽しい。

正直、最初は就活に否定的なイメ-ジがあった。

揶揄されてるからだ。

 

 

 

「新卒一斉採用なんてやめればいいのに」という主張が、ネット上では散見される。

確かに、違う人間を一緒の時期に採用する、というのはおかしな話だ。

完全に企業の都合だ。

 

 

 

しかし、就活に詳しい人にあったりして、一つ気づいたことがある。

それは「社会は不合理である」ということ。

就活には一定の「圧勝内定の王道」なるものが存在する。

「就活は人間勝負だから正解がない」と言われがちだが、実際には、ある。

 

 

 

就活は、ル-ルを知ったものだけが圧勝できるようなシステムになっている。

確かに大手に就職が決まった同期も同じことを言っていた。

異常に上から目線だったので縁を切ろうと決めたのは内緒だがw

 

 

 

この就活というゲ-ムは、勝つためのル-ルを知らないと、どんなに能力が高くても負けるシステムになっている。

そこで、「誰も教えてくれなかっただろ!」と言っても、誰も聞いてくれない。

そんなのただの自己責任だ。他人からすれば「知るかよ」という話だ。

 

 

 

 

やはり、学校と同じで、社会も、正しいことを優しく教えてはくれない。

才能の差があること。いじめはなくならないこと。顔面のできが一生に大きな影響を与えること。働かないでも生きていけるほどの大金持ちがいること。

これらのことは、自分の人生の中で気づいた。

そういえば、誰も教えてくれなかった。

常に大事なことは、自分で掴み取ってきた。

 

 

 

 

ぼくは勝ったり負けたりの人生だけど、「勝ち」の回数が多かったように思う。

ぼくも苦労している自負はあるが、ぼく以上に悩み苦しんでいる人もいるに違いない。

勝ちが多い理由は、競争意欲が高いからだと思う。

今回も、就活というゲ-ムで戦うことにワクワクしている。

 

 

 

 

 

そして勝つためには、情報を自分で取っていく姿勢が不可欠だ。

正しいル-ルに沿って戦えば、必ず勝てる。

非常にオ-プンな戦いだ。

 

 

 

 

知ってるか知らないか。

ここが勝負の分かれ目。

能力は関係ない。

 

 

 

この事実に気づいたとき、ぼくは「なんて不合理なんだろう」と思った。

知識の有無だけで、勝敗が分かれるなんて。

 

 

 

でも確かに、三国志にも情報を知っているかどうかが勝敗をわけるシ-ンが多かった。

東南の風を呼び込んで勝利を収めた諸葛孔明は、東南風が吹くことを知っていた。

その諸葛孔明に勝った司馬懿仲達は、諸葛亮の寿命が尽きようとしているのを知っていたから、長期戦を挑んで勝利した。

 

 

 

 

昔から、そうなんだ。大事なのは、情報なんだ。

そして、それは自分で獲得しなきゃいけないんだ。

誰も教えてくれないんだ。

 

 

 

 

小学校から、イジメがあった。

いじめがなくならないことは、誰も教えてくれなかった。

親だって、友達だって、自分のために生きていることも、誰も教えてくれなかった。

 

 

 

 

全て不条理なんだ。

それを察知しなきゃいけないんだ。

自分で、学ばなきゃいけないんだ。

 

 

 

 

15年間学生をやってきて気づいたこと。

それは「大事なことは誰も教えてくれない」ということ。

そして、「自分で全力で学ぶ努力」をしなきゃいけないこと。

 

 

 

 

すごく腑に落ちた。

納得した。

情報を取りに行く。自分で、学ぶ。

 

 

 

 

大学に入って授業に出ないことを決め、自分で学ぶクセがついて、本当によかった。

正しいことを、自分で吸収し続けよう。

そうすれば、楽しい毎日が待っている。

 

 

 

 

 

ぼくは自分のやり方で情報を集め、アクションを起こし、世の中に尽くす。

喜んでくれる人を無限に増やし続ける。

それがぼくの夢。

 

 

 

 

その実現のため、貪欲に、学び続ける。

誰も教えてくれないから。