日記を書いてもオッケ-。ブログに縛りはない。

たま-に「ブログのネタがない」という方に会う。

別にいいんすよ。

ブログのネタなんてなくったって。

 

 

日記でいい。

今日一番面白かったこと。平凡な日常。イヤだったこと。

なんでもいい。

 

 

ブログは娯楽。金儲けのためにやるには非効率すぎる。

稼ぎたいんなら、時給の高いバイトをコツコツやったほうが生産性が高い。

 

 

じゃあ、なんでやるか?

それは好きだから。

好きという感情が根っこにあるから、ブログをやる。

 

 

 

絶対、ブログを金儲けのツ-ルにしちゃいけない。

金儲けでブログをやってる人の文章なんてすぐにわかるし、ほんっと---に味気なくてつまらない。

 

 

 

好きで書いてる人のブログは、儲かってないだろうが、読んでいて楽しい。

ぼくのブログも好きを中心に書いているので、少しずつ読まれるブログに成長している。

好きを中心にしているから、「儲からないからやめよう」なんて気持ちにはならない。

 

 

 

好きを中心に据えると、書くテ-マに縛りなんてなくなる。

オピニオンでもいい。日記でも全然オッケ-。問題ない。

まじで、なんでもいい。

 

 

 

ブログは娯楽だ。

間違っても金儲けのツ-ルにしちゃいけない。

金儲けに走るほど、ブログはつまらなくなる。

つまらないから、稼げないブログになっていく。

 

 

 

逆説的だけど、お金を度外視して、好きなことを書きまくるスタンスの方が儲かる。

プロブロガ-の方とお話したこともあるけど、好きなことを追求して、結果お金を稼げるようになったそうだ。

 

 

 

 

「ブログのネタがない」なんてことはありえない。

好きなことを、サクサク書けばいいのだ。

なんなら、「今日は何もない、つまらない1日だった」という1行日記でも構わない。

 

 

 

好きを根っこに据えて、好き勝手に成長する。

それがブログの要諦。

エラソ-に聞こえるかもしれないけどね。

 

 

 

 

で、好きに書いてると、他人との比較をする必要もないから気持ちが楽になる。

誰かがブログで100万稼いだところで、「いいな、おれもガンバロ!」ってな感じになる。

 

 

 

 

なんでブログを書くのに、迷うんだろう?

なんで、ちゃんとした情報を書かなきゃいけないの?

いいじゃん、いい意味で適当で。

 

 

 

あなたが適当な文章を書いたところで、読者は気にしない。

「フ-ン」って感じ。

だよね、みなさん??笑

 

 

 

何度でも繰り返す!

好きなことを書け!

そしたら成長していく。自分で勝手に改善したくなる。

 

 

 

 

もし、ブログに執着がなくなったら、その時はスッパリやめちまってもいい。

ブログなんて娯楽なんだから、やめたところでどうってことない。

 

 

 

 

ブログに責任はない。

自由に表現すればいい。

ブログは娯楽だ。

楽しんだもの勝ちだ。






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。