海外行きを迷っているアナタへ

hampi

「海外に行きたい」

という人がいます。

ぼくの周りにも、そういう人が多いです。

「大学生活が物足りない」

「何か楽しい事がしたい!

こんな思いを、抱いている人が多いような、そんな気がします。ぼくもインドに行く前、そうでした。今でも若干そうです。

大事なのは、

「自分が何をしたいか」

という事です。

そこを突き詰めてみましょう。

なぜ海外に行きたいか。

視野を広げる?異文化体験?他者受容?

留学やインターンに関してぼくもかなり調べましたが、他にもたくさんの理由がのっていました。

さて、あなたは行きたい理由、見つかりましたか?

「視野を広げる」。しっくりきましたか?

「異文化体験」。納得できましたか?

「他者受容」。腑に落ちましたか?

・・・すっきりしないですよね???

こういう言葉たちって、すごくふわふわした言葉たちです。

正直、全く心に刺さりません。なんでかっていうと、こういう言葉たちが

「結果論」に過ぎないからです。

そりゃあ、視野は広がりましたよ。

「仕事はしないけど、人生楽しい」と豪語する人、超エリートのプログラマー、寺院で祈る教徒達・・・

別に日本で頑張る必要なんてないんだ!って、目の前が開けた感じがしましたよ。

「異文化体験」も山程しました。信じられないほどフレンドリー。メールをちっとも返さない。挨拶代わりのクラクションなどなど。

ストレス溜まる事ばっかです。そんな中で、「他人を受け容れないと、やっていけないな」、と実感したわけです。

でも、海外に行く前は、こんな言葉達、理解できませんでした。ただの結果論なんですから。

じゃあなんで海外に行くかって?なんで留学したいかって?

そんなの

「なんとなく、行きたいから」

に決まってるじゃないですか。

余程しっかりした人じゃないと、海外に行く理由なんてありませんよ。

ただ、心が欲している。それだけでいいじゃないですか。

それだけの理由で飛んでしまいましょう。

それで仮に「無意味だったなー。」で終わっても、別にいいじゃないですか。

意味のある事なんて、やってみなきゃわかんないんですから。

 

結局、心がワクワクする「なんとなく」を大事にすべきかと思います。

左脳を重視してキャリアがどうのこうの、とか言い出す途端に幸せを感じられなくなりますよね。

「あ、なんか知らないけど、やりたい、行きたい!」みたいな衝動って本能に根付いているので、すごく大事にした方が良いと思います。

なんとなく、行きたい。心に身を任せ、ダイブだ!!!!