【就活日記24】日本人の多くが価値観を洗脳されている件。

価値観を洗脳されている。

そう言われた。

 

 

ぼくにそう言った方は、もう起業で成功していて、自由に生きている人。

自分の価値観を否定されたのははじめてだった。ゆえにびっくりした。

 

 

 

なんで就活するのか。

よく考えれば、おかしい話だ。

 

 

 

ほとんどの人が、就活をする、という現状。

ある調査によると、就職したい学生は97%にのぼる。

 

 

これは、そもそも意味がわからない。

人生は360度の生き方があるのに、そのうちの1%の「サラリ-マン」という選択を、どうして97%が望むのか。

 

 

 

昔、ぼくたちは夢を語った。

野球選手、パン屋さん、ミュ-ジシャンetc….

 

 

 

色とりどりの夢がある中、どうしてみんなこぞって「サラリ-マン」を選択するのか。

ぼくは、この当たり前の疑問に、気付きさえしなかった。

 

 

 

どうしてだろう。

どうしてサラリ-マンを選ぶのだろう。

 

 

 

資本主義の洗脳にかかっている、としか、思えない。

資本家に都合がいいように、価値観そのものを、洗脳されている。

サラリ-マンになるように、教育されている。

 

 

 

ぼくは、他人に認められるために頑張ってきた。

小学生時代から勉強を頑張って有名私立大に入ったし、スポ-ツも頑張って結果を出してきた。

 

 

 

でもそれは、社会が用意した「カッコイイ」を追い求めていたにすぎない。

今までのぼくは、世間のカッコイイを求めていたんだ。

 

 

 

正直就活も、「カッコイイ企業に入りたい」というモチベ-ションがかなり強い。

承認欲求をドライバ-に頑張っていた。今までと同様に。

 

 

 

でも、それがもし幻想だったら?

自分の心のうちからでる欲求から外れているとしたら?

 

 

 

どっぷりと、洗脳されていたことになる。

すごく、びっくりだ。

 

 

 

普通に洗脳にかかっていたなんて。

冗談じゃない。今までの人生は一体なんだったんだ?

 

 

 

 

ぼくには自分の言葉がない。

いつも、誰かの言葉で話している。

 

 

 

 

だから日によって言うことが違う。

正解を求めて、認められるために話すから。

 

 

 

 

自分はしっかりモノゴトを考えられいるという、傲慢さがあった。

でも、実際は資本主義のマヤカシの上で踊っていたにすぎない。

 

 

 

周りに認められること。

そのパッションが、実は作り物だったとしたら。

洗脳の上の、偽物の欲求だとしたら。

 

 

 

一切本心に従ってこなかったことになる。

親、友達、彼女、先生。

 

 

 

彼らに認められることが全てだった。

認められることによって、自分も快感を得ていた。

 

 

 

 

でも、なんで他人に認められる必要があるのか。

ない。絶対に。

ないないないないないない!!!!

 

 

 

絶対にない。

ぼくの人生はぼくのものだ。

 

 

 

先日、友達が就職活動をやめて、コント芸人を目指す道を選んだ。

ぼくは心踊った。感動した。絶対に成功してほしいと思ってる。

 

 

 

なぜ心踊ったのか?

それは、ぼくも彼のような生き方に憧れているからだ。

 

 

 

本当は、自分の欲求は認められることじゃなくて、生きたいように生きることなのかもしれない。

就活をはじめて、逆に就職する意欲が、どんどん落ちている。

でもまだ正直、大多数から逸れることへの恐怖もある。

 

 

 

怖い。なぜだかわからないけど。

でも、行けるとこまでいこう。

怖いけど、自分の欲求に正直に生きる選択をしよう。

 

 

 

人生にレ-ルなんてない。

だってないじゃん。普通に考えて。みえね-し。

 

 

 

今までなんだったんだろう?

これからどうするんだろう?

 

自分の言葉で話したことなんてないから、どう生きたいか?

なんてわからない。

自分の本心さえ、わからない。

 

 

もっともっと、人に会いまくるしかない。

もっと、多様な人生があるはず。

 

 

もっともっと豊かなはず。

もっともっともっと輝けるはず。