自己分析は他人と一緒にやるべき理由

自己分析は自分でやっちゃいけねえ!!!
 
最近これを肝に銘じてます。
 
自己分析をするときは、必ず誰かと一緒に取り組むことにしています。
 
というのも、自己評価は思い込みである場合が多いからです。
 
例えば、ぼくの場合。
 
ぽくは、自分で「成長意欲が低い」と評価していました。
 
起業したり、ベンチャ-で新規事業立ち上げてる知人を見ると、心底「すげ-な-」って常々思っていたんですよね。
 
しかし、知り合いと自己分析を進めたところ、逆に成長意欲がとても強いことがハッキリしました。
 
これには自分でもめっちゃビックリ!
 
よく考えると、小さい時から成長を求めて動いてきたんですよね。
 
学校の勉強、部活、受験、インタ-ンなど、客観的に見ると自分が思う何倍もアクティブで、チャレンジャ-だったわけです。
 
もっと具体的に言うと、「新しい世界に挑戦し続ける」ことをぼくの場合し続けたわけです。
 
今のは自分の例で恐縮ですが、みなさんも、自分で思っていた自分像と、人からの評価がずれていたことはありませんか?
 
そしてこの場合、相手の言ってることが正しいことが多いです。
 
自分は、思ったより自分のことをわかっていません。
 
一方相手は、あなたの想像以上にあなたのことをみてくれています。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
 
自己分析は、自分でやっちゃいかんな-と最近強く思う次第です。
 
ぼく自身、就活4ヶ月目ですが自分で自己分析して成功したことが1回もありません。
 
自分でやってしまうと、毎回のように他人から厳しいフィ-ドバックが飛んできますw
 
もし自己分析で困っている方がいれば、ぜひ「誰かと一緒にやること」を意識してみてください。
 
私でよければガンガンお手伝いしますんで、手伝って欲しい方はメ-ルでご連絡いただければ!
 

ではでは〜!