セネカ『人生の短さについて』は何度も読み返したいおすすめの古典!

何度読んでも、刺さる、刺さる、刺さる!!!!!

そんな数少ない、古典的名著が今回ご紹介する『人生の短さについて』という本。

著者はロ-マ時代の超有名人、セネカ。

ロ-マの、激動の時代を生きた政治家の言葉は重く、一言一言が突き刺さってきます。

時の試練を経てもなお輝く名著。

個人的に大好きな作品です。

詳しくみていきましょう。

『人生の短さについて』はこんな本

この本はセネカが、人生について語る本。

日々様々なタスクに追われて「忙しい」と思いがちな私たち。

しかし、セネカはそれを一刀両断し、「しっかり大切なことを見極めれば時間はタップリあるよ!」と明言。

他にもグサグサ突き刺さる内容がてんこ盛り。

無駄な言葉が一切ない、超濃密な一冊です。

『人生の短さについて』はこんな人におすすめ

この本をおすすめできるのはこんな人ですかね。

・毎日忙しくてやりたいことができない

・人生を考え直したい

・毎日がつまらない

この本は、古典という位置付けなんですが自己啓発的な要素も強いです。

しかし、約2000年も生き残ってきているので、その価値は自己啓発本の中でも群を抜いていると考えられます。

ぼくも何度も読みかえしていますが、その度に得られるものがあるんですよね。

『人生の短さについて』名言集

人生は短くなどありません。与えられた時間の大半を、私たちが無駄遣いしているにすぎないのです。-本文より

ある人は別の人に取り入ろうとし、その人もまた別の人に取り入ろうとする。自分のために生きている者は一人もいないのです。-本文より

あなたのような生き方をしていると、人生は、たとえ千年あっても、実際ははるかに短くなるでしょう。-本文より

『人生の短さについて』読者の感想

終わりに

いかがでしたか!?

ロ-マ最強の政治家が説く人生論。

ぼくは好きすぎて、もう何度も読み返しています。

言葉を通じて、時空を超えて異次元の人と関われるっていいですよね。これぞ読書の魅力やぁo(`ω´ )o

というわけで、気になる方はぜひ読んでみてください。

もっと古典を読みたい方におすすめ

人間とは何か (岩波文庫)posted with ヨメレバマーク トウェイン 岩波書店 1973-06-18 AmazonKindle楽天ブックス この本は晩年に...
古典から学びたい人はまず『ゲーテとの対話』を読むべし!ゲーテとの対話 上 (岩波文庫 赤 409-1)posted with ヨメレバエッカーマン 岩波書店 1968-11-16AmazonKindle楽...