総合職での就活を辞め、技術職を選ぶことに決めました。

技術職を選ぶことに決めました。

最後まで、エンジニアになる道を諦めきれませんでした。

結局、ほぼ全ての総合職の選考を辞退し、技術職で再就職を目指す道を進むことにしました。

外資系や商社など、世間的に「カッコイイ」と言われる企業の選考を辞退することは、非常に勇気が入りました。

しかし、思ったよりも後悔はありません。

間違ったことはしていないし。

今まで、親や周りにの期待に応えるため、必死でレ-ルの上を歩いてきました。

しかし、大学で本にハマったり、インドに行ったり奇行を繰り返しました。

この時点で既に、自分の道を歩きたかったのかもしれません。

 

レ-ルから、降りたかったのかもしれません!!!

ぼくは、自分の道を歩きはじめます。

 

多分きっと、どんどん世間からずれていくかもしれない。

でも、応援してくれる人がぼくの周りにはたくさんいる。

 

ぼくは絶対に死なない。

少なくとも、人に支えられ、時に支えるという人間関係の基本は身についたと思っています。

だから、ぼくは絶対に大丈夫。

 

レ-ルからは外れるけど、そこには自分だけが知る楽しい世界が待っていることを願いたい。

怖いけど、今踏み出さないでいつやる。

 

がんばるぞ!






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。